私が初めて妊娠したときのコト

妊娠検査薬の正しい知識と使い方について

みなさまこんにちは。

 

妊娠を知る方法、最後はやはり病院での検査になりますよね。でも、その前に、自分で確認しておきたい。そう思うのは自然な事。

 

特に待ち望んだ妊娠ならば、妊娠かな?と感じた時に少しでも早く結果を知りたい、そう思いますよね。

 

そんな時に活躍するのが妊娠検査薬。自宅のトイレで手軽に確認できるのがありがたい。今日は、そんな妊娠検査薬についてのレポートです。

 

妊娠検査薬の基礎知識と正しい使い方

妊娠?きちんと調べなきゃ。すぐに病院へ直行!!なんてアクティブな人もいるかもしれませんが、まずは妊娠検査薬で調べてみよう。そう考える方が圧倒的に多いのではないでしょうか?

 

では、その妊娠検査薬とはいったいどんなものなのでしょう?

 

妊娠検査薬とはどんな物?

妊娠検査薬は、ドラッグストアで手軽に購入できる、妊娠の判定を行うアイテム。たくさんのメーカーから発売されていて、そのほとんどが1000円前後で購入できます。しかも、使い方を間違えさえしなければ、判定の精度は99%以上と高い水準を誇っているのです。

 

判定に使用するのは、トイレと妊娠検査薬と自身の尿だけです。検査する時間も選ばず、自分のタイミングで判定できます。

 

その判定の方法ですが、いたってカンタン。妊娠検査薬の指定されている場所にほんの少しの尿をしみこませて待つだけ。早い物では1秒程度で判定サインが出るのです。

 

入手も使い方も手軽でカンタンな判定アイテム。ありがたいですよね。

 

妊娠検査薬での判定メカニズム

女性のカラダは、妊娠するとヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)というホルモンを分泌します。妊娠検査薬では、このヒト絨毛性ゴナドトロピンホルモンを検出することで、妊娠の判定をしているのです。

 

ちなみに、このホルモンは、男性や妊娠していない女性には存在していないホルモンなのです。

 

妊娠検査薬を使える時期

生理の遅れを感じたタイミングでこの妊娠検査薬を使用するのが一般的。妊娠していたならば、妊娠5週という事になります。実は、この生理が遅れた1週間後のタイミングでの判定は医学的にも正解なのです。

 

妊娠検査薬の判定に必要な、ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)ホルモンの分泌には個人差があるのですが、この生理が遅れた1週間後の判定時期ならば、殆どの場合ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)ホルモンが分泌されていると考えられています。ですので、この時期の判定ならば、より精度の高い結果が得られるのです。

 

あるいは、計画的な妊娠の場合で、ちょっとでも早く結果を知りたいという方には、フライング検査という方法があります。この検査なら、妊娠超初期である0月0日での判定も可能なのです。ただし、処方箋が必要なフライング検査専用の妊娠検査薬での検査が必要となります。

 

妊娠検査薬の正しい使い方

妊娠検査薬の採尿部分に直接尿をかけ、指定されている時間(数秒から数分)待ちましょう。これだけで、妊娠の有無を判定してくれます。

 

妊娠検査薬の注意点

妊娠検査薬での判定は、妊娠の有無であって、正常妊娠かそれ以外の子宮外妊娠・異常妊娠なのかという、妊娠の状態は判明しません。このため、妊娠検査薬で陽性を示した場合、すぐに病院で妊娠の状態を検査してもらいましょう。

 

また、高い精度を誇る妊娠検査薬ですが、その制度は99%であって100%ではありません。実際に妊娠していても、陰性つまり検査薬が反応しないケースもあるのです。

 

これは、検査薬を使用するタイミングの問題や尿の状態、あるいは水分の摂り過ぎでヒト絨毛性ゴナドトロピンが薄くなり過ぎていた、あるいは異常妊娠などのケースが考えられるからなのです。

 

体調の変化などで間違いなく妊娠していると感じるならば、妊娠検査薬の判定が陰性の場合であっても、念のため病院での診断をオススメします。

 

妊娠検査薬使ってどうだった?プレママ達の体験談

(始めての妊娠検査薬)
始めての妊娠の時に検査薬を使用しました。なにせ始めてなので、使い方も分からず、説明書とにらめっこしながらの検査。もともと妊娠の兆候を感じていて、ほぼ間違いないと思いつつの検査でしたが、実際に陽性反応を見た時の感動は忘れられません(*^_^*)

 

(どっちなの?)
ネットで2本セットの妊娠検査薬を購入。1本目では陰性・念のためと思いトライした2本目では陽性反応が、、、どっちなんだ!?そう思い、ドラッグストアに直行。再度ちょっとお高い妊娠検査薬を購入して再度の判定。結果は陽性でした。感動的な妊娠判明のタイミングに水を差された感じでした。妊娠検査薬にも色々あります。購入の際には注意しましょう。

 

(風邪かな?と思ったら)
風邪で体調が悪いのだと思っていたのですが、なかなか治らないので「もしや」と思い買い置きしていた妊娠検査薬で検査。結果は即陽性!!驚きと感動は今でも忘れられません。

 

まとめ

妊娠検査薬にも色々なケースがあるのですね。同時に同じ物で検査しても陽性と陰性が出る事があるなんて、驚きますし困りますよね。しかし、やはりそこは人間の手によって作られた物ですので、間違い?不良品?もあると言う事ですね。

 

妊娠検査は慎重に行いましょう。

妊娠が判明し、いよいよ妊娠生活の始まりですよね。これから妊娠の経過とともにママのカラダは色々と変化を迎えます。お腹の中では、最初は存在すらしなかった赤ちゃんがどんどん成長を始め、お腹のふくらみや胎動などが始まると、どんどんその存在感を示し始めます。楽しみですよね。

 

その妊娠について、病院などでプレママさん同士で会話する際、今何周ですか?とか、あるいは何か月?と、様々な呼び方がありますよね。あるいは、つわりがひどくて、といえば妊娠初期はどうだよね。と、そんな風に話をする事などもあります。

 

すでにご存じかもしれませんが、今回は基本に立ちかえって、これらの関係性・ママと赤ちゃんの状態についてご紹介したいと思います。

 

妊娠周期と月数の関係とママと赤ちゃんの状態

妊娠の数え方で、大まかに分けたものが期間・その次が月数・細かく分けた場合には週での数え方を用います。今日は基本中の基本である、妊娠それについての基本的な考え方をご紹介。

 

こちらも参考にしてください。
>>妊娠週別の悩み、症状まとめ

 

妊娠1カ月のママと赤ちゃんの状態

(妊娠1か月とは)
■呼び方:妊娠0月0日の0週目〜3週目を妊娠1か月・妊娠超初期と呼びます。
■ママの状態:よほど計画的な妊娠でない限り、通常この時期には未だ妊娠は判明していません。しかし、カラダの中では確実に変化が始まっているのです。
■赤ちゃんの状態:この時、お腹の中ではまだ受精の真っ只中。赤ちゃんになる前の“タマゴ”の状態です。

 

(妊娠2カ月とは)
■呼び方:妊娠4週 〜7週を妊娠2カ月、妊娠初期と呼びます。
■ママの状態:一般的に、この時期になるとママのカラダに妊娠の兆候、つまり「つわり」の症状が現われ、それにママが気付き妊娠が判明となる訳です。
■赤ちゃんの状態:妊娠2か月の終わりになると、豆粒状の大きさだった赤ちゃんが2〜3p程度に成長しています。それまで生えていた尻尾やエラがなくなり、ほんのすこし人らしい形になります。、目・耳・口の原型ができはじめる頃。しかしこの妊娠2か月では、未だ赤ちゃんでも胎児でもなく「胚芽」と呼ばれています。

 

(妊娠3か月とは)
■呼び方:妊娠8週 〜11週を妊娠3カ月、この頃はまだ妊娠初期なのです。
■ママの状態:この頃のママのカラダは「つわり」の真っ最中。辛い時期です。
■赤ちゃんの状態:身長は9p程度まで成長し、血管や内臓器官が発達します。未だ透明な皮膚のため、血管や内臓は透けて見える状態です。この頃にやっと、「胚芽」から「胎児」と呼ばれるようになるのです。羊水を飲んだり、おしっこをしたりと、人間らしい行動も見られるようになる時期です。

 

(妊娠4か月とは)
■呼び方:妊娠12週 〜15週は妊娠4カ月、妊娠初期の終わりです。
■ママの状態:ほんの少しおなかが膨らんで、徐々にではありますが、つわりが落ち着いてくる頃です。
■赤ちゃんの状態:4か月の終わりごろの赤ちゃんは約11p程度に成長しています。ちょうどレモン1個分の大きさ。まだまだ小さいですよね。その小さなカラダを子宮の中でばたばた動かします。透明だった皮膚は不透明に変わり、外見的に男女の区別がつくようになります。運が良ければ、検診の時のエコー写真などで確認できる場合があるのです。胎盤でママとつながるのもこの時期で、へその緒から栄養を摂取し始めます。

 

(妊娠5か月とは)
■呼び方:妊娠16週 〜19週を妊娠5カ月、妊娠中期と呼びます。
■ママの状態:この時期には、お腹も目立ちはじめ、乳腺も発達し、外見的にも妊婦さんらしくなります。食欲も旺盛になる時期ですので、多くの人が体重のコントロールに四苦八苦なのがこの妊娠5カ月の時期です。
■赤ちゃんの状態:妊娠5か月になると、赤ちゃんは急成長し、身長約25pにもなります。赤ちゃんの体温を一定に守るための体毛が生え、とても活発にお腹の中を動き回ります。カラダに脂肪がつきはじめ、赤みを帯びた肌色に変化します。お腹のなかで指しゃぶりを始めるのもこの時期、生まれた後にママのおっぱいを吸う練習でもしているのでしょうか?想像するだけで幸せな気持ちになれますね。

 

(行事)
ところで、妊娠カ月の行事をご存知ですか。これは安産を祈願の行事です。犬の日にお腹に腹帯を巻いて安産を祈願するのです。なぜ犬の日なのか?ですが、犬の出産は安産で、多産の事が多く、これにあやかってのことだというのが一節です。

 

 

まとめ

体調の異変で妊娠に気づくママ。そんな時、お腹の中で赤ちゃんは確実に成長しはじめ、次第にお腹のふくらみや胎動などでその存在感を示し始めるのです。

 

これを感じたママは、より赤ちゃんへの愛情を深く感じ、母としての自覚も強くなり始めるのでしょう。

 

それぞれが10月10日(とつきとうか)という時間をかけて、成長するのですね。妊娠前半のお話でした。次は、妊娠後半のお話です。

続きを読む≫ 2016/12/29 17:29:29

みなさまこんにちは。

 

待ち望んだ妊娠。少しでも早く知りたいというのが女心ですよね。しかし、通常ならば妊娠検査薬での妊娠判定は、妊娠2か月あたりまで待たなければいけません。しかし、そんなに待ちたくない!!そんな人には妊娠フライング検査という方法があります。

 

これにはフライング検査専用の妊娠検査薬が必要なのですが、それさえあれば早い段階で妊娠を知る事が可能なのです。

 

今回はそのフライング検査についてレポートしたいと思います。

 

妊娠と妊娠フライング検査の基礎知識

妊娠の兆候について

妊娠超初期に妊娠の兆候に気づくのは難しかもしれませんが、注意深く自己観察していれば、妊娠に伴なうなんらかの兆候を感じとる事が可能かもしれません。

 

例えば、基礎体温の高温期が3週間以上続く・異常に眠い・だるさが続く・風邪に似た症状が続く・むかむかする等、これ以外にも普段とは違うさまざまな兆候が表れているのです。

 

ただし、妊娠超初期の兆候には個人差がある事と、生理前症候群の症状にとても良く似ていますので、その判断は難しいのも事実です。

 

そこで活躍するのが妊娠フライング検査薬なのです。

 

では、妊娠フライング検査、通常の検査と何がどう違うのでしょうか?あるいは、この時期の判定精度はどの程度なのでしょうか?

 

妊娠フライング検査とはどんな事?

妊娠フライング検査、あるいは早期妊娠検査とも呼ばれています。通常の妊娠検査の場合、生理が1週間程度遅れた事で妊娠検査薬での判定を行うのですが、このフライング検査では、その前の1週間前の生理予定日から行える検査なのです。

 

では、どうやって妊娠を知る事が出来るのでしょうか?

 

妊娠検査薬とフライング検査薬の違い

妊娠すると、男性や妊娠していない女性には存在していないホルモンである、ヒト絨毛性腺刺激ホルモン(hCG)が分泌されます。妊娠検査薬による妊娠の判定は、尿に含まれるこのヒト絨毛性腺刺激ホルモン(hCG)を検出する事によって行います。

 

しかし、通常の妊娠検査薬での判定の場合、妊娠2カ月ごろでなければ正確な判定はできません。これは、ヒト絨毛性腺刺激ホルモン(hCG)の濃度が関係していて、妊娠検査の判定基準である濃度に達するのが、通常この妊娠2カ月ごろだからなのです。

 

フライング妊娠検査薬も、その検査のプロセスは通常の妊娠検査薬と同じなのですが、このヒト絨毛性腺刺激ホルモン(hCG)の濃度が薄くても判定できる精度になっているのが妊娠フライング検査薬なのです。

 

少しでも早く、精度の高い妊娠検査薬で結果を知りたい場合には、フライング検査専用の検査薬で判定を行いましょう。

 

それなら、最初から妊娠フライング検査薬を使えばいいのでは?と思うかもしれません。確かにその通りなのです。ただし、妊娠フライング検査薬はちょっとハードルが高いのです。

 

通常の妊娠検査薬がドラッグストアなどで手軽に購入できるのに対して、フライング妊娠検査薬は、医師の処方箋が必要な事と、通常の検査薬の1.5倍以上にもなるその値段の高さがネックとなっています。

 

妊娠フライング検査薬の正しい使い方

妊娠フライング検査薬の採尿部分はスティック状になっています。この部分に直接尿をかけ、説明書に書かれている時間待ちます。その後、判定基準となるマークが表示されます。陽性か陰性かはその商品ごとに異なりますが、一般的にはマークが表示されるかどうかで判断します。だれが見てもすぐに分かるようにできているのですね。

 

妊娠フライング検査薬を使える時期

妊娠フライング検査薬が使用できるのは、標準の妊娠検査薬より1週間早い生理開始予定日から。海外のアイテムには、更に早く判定できる物もあります。ネットなどで入手可能ですが、とても人気の高いアイテムですので、偽物が出回っている可能性があります。購入の際には充分注意して、信頼のおけるショップから購入しましょう。

 

妊娠フライング検査薬の精度

妊娠フライング検査薬も通常の妊娠検査薬と同等の90%程度の高い精度を誇っています。しかし、高いとはいえ、100%ではない事と、出来るのは妊娠の判定であって、妊娠が正常であるか否かの判定はできません。

 

妊娠検査薬で陽性判定が出た場合には、出来るだけ早く医師の診断を受けましょう。

 

妊娠フライング検査薬の注意点

妊娠判定が100%ではない事・正常妊娠であるかどうかは医師の判断が必要になる事。妊娠フライング判定検査は、あくまでも「妊娠の可能性」を判定するための物であると考えて使用しましょう。

 

まとめ

計画的な妊娠の場合、フライング検査薬を使用してでも妊娠の判定を早く知りたいですよね。特に、妊娠の兆候を感じたならば、余計に気持ちははやるものです。

 

そのためには、あらかじめ医師に相談し、可能ならばフライング検査薬を処方してもらいましょう。あらかじめ入手しておけば、妊娠かも?と思ったその時すぐに検査する事が出来るのです。

続きを読む≫ 2016/12/23 23:22:23